スマートデバイスを通じ、私達の生活を、より楽しく、より賢く便利に。
私たちはそれを実現するための存在でありたいと願っています。



「いつでも世界と繋がるモバイル・ネットワーク・サービスが始まる。」



1999年。Javaが携帯電話に搭載され、アプリが具現化し始めた頃。

大手ゲーム、大手ITで活躍する数人の技術者が、

この “はじまりの予感” に意気投合し2001年に設立したのがIB(当社略称)です。


 

IBが、ユーザーに届けるサービスはすべて、

仮想空間やデジタル空間を通してリアル空間やユーザーに結びつきます。

その中でユーザーが一番目にし直感的に感動するものは、

グラフィック(視覚化)であると思っています。



なのでIBは、 “モバイル端末” における グラフィックの表現進化” のために

常に最先端技術(3DエンジンAR、レンダリング等のプログラムモジュールを駆使して

新しいサービスを開発し、

ユーザー・ベネフィットを提供し続けてきました。 



 そして、近年スマートフォンの本格到来により、新たなる価値がうまれようとしています。

 

 

「Interctive = 双方的なコミュニケーションする」 × 「Brains = 才能達


 

IBは、今後も企業の垣根を越えて、様々な人々と
スマートデバイスを通じ、私達の生活を、より楽しく、より賢く便利に
を実現し続けたいと思います。


 
▲ページ上部へ