現在⇒IBってどんな会社? ≒ 技術力がある会社

未来⇒IBってどんな会社? ≒ ユーザーメリットのある事を凄ぇ技術使って作ってる会社 



社長に就任した私にあるのは、夢と根拠のない自信だけ。

生まれ持ったものなのか。環境なのか。

そういえば私の母校には、校則がなかった。
自由の中でいかに自分を見出すか。
私の自分勝手な「自主・自立の精神」は約17年前に完成した。

The Greatest Muhammad Ali 曰く
「不可能」とは、自分の力で世界を切り拓く事を放棄した、臆病者の言葉だ。
「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にしかすぎない。
「不可能」とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。
「不可能」とは、誰かに決め付けられる事ではない。
「不可能」とは、可能性だ。
「不可能」なんてありえない。

才能あふれるチームメイト(社員)とパートナー企業が融合すればなんかやれる。
自由市場、自己責任のこの時代に挑戦し続ける勇気を持ち続けなくてどうする。 

私の夢は、数多くの人と同じ目的(ゴール)を共有しそこに一緒に挑み続ける事。
 
社員、パートナー、クライアント…人との出会いは無限大に起こる。

一瞬の共有や一瞬の輝きかもしれないが数多くの“挑戦”を市場へ投入していきたい。      

2020年。
世の中で「可能」になっている事のひとつひとつがIBの軌跡である事を目指して。
  

  


 
代表取締役社長 新妻 桂

2001年、法政大学経済学部卒業。
教育・育成会社を経て2003年当社入社。
2005年、当社取締役管理本部長就任後、
翌年、事業推進本部長として、
公式サイトの立ち上げ、3Dアバターの
事業化等を数々の事業を推進。
2010年5月、当社代表取締役に就任。
                   

 
▲ページ上部へ